総計: 944984  今日: 11  昨日: 49       Search SiteMap
☆☆☆ Dengaku's Another World
Novels Paint PC Saloon Life Essay by Dan Links MusicVideo&Flash music loop My Flash-Movies bbs Profile
 
 
 loginについて
Login不要ですが最初にお読み下さい。
 更新履歴
直近の更新から変更箇所が分かります。

本家サイト東宅サイト西宅サイトイタリア紀行サイトダンの小説集Healing 虚の本家サイトExciteBlog





Welcom to Essay by Dan !

2005年を素晴らしく、かつ

有意義にしたいと祈念いたします。

Hubble撮影のフォトン・ベルト実写画像です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

   日記風エッセイ(18)
   



2月10日(木曜日)


「電車男」



インターネットを使った掲示板での、他人の書き込みの遣り取りは、第三者が読んでも大変に面白い。これは使えるとかねがね思っていて、実は、自分の掲示板に来た面白いのはコピーしてファイルを作って、ここ3年前から残している。その相互の書き込みをそのまま活字にして、一番最初に出版されたのが「電車男」という題名の本だ。しかも、よく売れているらしい。だから、二番煎じの「鬼嫁」という自分の妻のことを書いたのが、最近になって出版され耳目を集めているという。そう、着眼点が私の直感と同じである。



この記事を読んで、正直に言ってやられたと思った。これはいけると、思ったときに、先に行動すべきであったが、問題は、投稿者の相手の了解を取らなければならないことである。その為に、もたもたしている間に先を越されたという訳だ。もう一つの問題は、相手と私とのプライバシーが暴かれることである。仮名にしていても、その掲示板に来ている人達には、自ずと推測がつく。だから、正直に言って、相手に迷惑が掛かるだろうと思い、躊躇していた。



しかし、誘惑に負けて、その遣り取りをベースにした小説なら問題はないだろうと考えて、例のサークルに提出する小説として、思い立って書き始めたが、矢張り頓挫してしまった。心の遣り取りが余りにも鮮明に過ぎるから、相手に対して罪悪を感じた為だ。出版社が介在する場合は、相互に了解を取り付けて呉れるから手間が要らないし、編集もして呉れる。しかも著作権が発生するから、ペイで還元もして呉れる。



例のサークルの小説も、実はこれで行こうと考えていた。が、このまま行くと、義務感で書いて提出してしまいそうな気がしたから、自分を悪者にして例のサークルを思い切って脱退にした。今では、そうして良かったと思い、安堵している。ということで、ファイルしてある掲示板は未公開で手付かずのままで、相変わらずそのままになって封印されている。











クョスコニョ    [1] 
 前のテキスト: 日記風エッセイ(19)
 次のテキスト: 日記風エッセイ(17)
 
Dengaku's Another World is Copyrighted (C) 2003 June. Dengakudan's software is all rights only reserved. The spase photos are presented by Hubble Space Telescope.