総計: 938442  今日: 5  昨日: 28       Search SiteMap
☆☆☆ Dengaku's Another World
Novels Paint PC Saloon Life Essay by Dan Links MusicVideo&Flash music loop My Flash-Movies bbs Profile
 
 
 loginについて
Login不要ですが最初にお読み下さい。
 更新履歴
直近の更新から変更箇所が分かります。

本家サイト東宅サイト西宅サイトイタリア紀行サイトダンの小説集Healing 虚の本家サイトExciteBlog





Welcom to Essay by Dan !

2005年を素晴らしく、かつ

有意義にしたいと祈念いたします。

Hubble撮影のフォトン・ベルト実写画像です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

   日記風エッセイ(24)
   



6月15日(水曜日)

「掲示板の虚実」


インターネットを通じて入ってくる情報は、今では殆どが事実と受け止めて良いと思われているが、果たして本当だろうか。直感だが、架空のが、即ち虚が半分ほど入っているように思えてならない。


コミュニケーションの手段として遣り取りされている、掲示板も然りだ。寧ろ、掲示板の情報にこそ、虚が多く入り交じっていると思われる。何故なら人間は、他人に対してより多くの嘘を付く動物なのだから。それでは、ここで分析してみよう。諸君も、失礼だが、この中のどれかには、必ず当て嵌まると思う。


(1)自分を良く見せようと思い、誇張したり、ありもしないことを書く。そして読んだ人も、それを分かった上で話を合わせて、返信している。

(2)実体を知られては困るのでと、事実を隠す。しかし、実際は大したことのない場合が多い。

(3)実際の会話でも頻繁にあるが、自分の感情は別の処にあるのにも拘わらず、相手の好感度を高めるために相手を持ち上げることは、寧ろ常態化している。とすると、こんなことは時間の無駄で、全く意味のないことをしているのではないか、と不思議に思われるが、それでも止められない。

(4)中には、ある意図を持って、詐欺を働いたり、相手を騙したり、中傷したりする奴も居る。これは、もう犯罪である。

(5)しかし、そうは言っても、正直にありのままに書いている人もいることは確かだ。が、それにしても名前が偽名だったりする。

(6)送られてきた写真とか、音楽とかは事実に違いないと思っていても、他人の写真のコピーだったり、他人のをダウンロードした音楽の場合もあるから、これも一概には信用できない。

(7)わざと返信をしなかったり、二日三日と返事を遅らせ、相手を焦らせる。そうすることで、関心をつなぎ止める為の小細工を弄する者もいる。これは、マナーの問題だけではない、人間性というか信用の問題だ。

(8)「それは違うよ、止めた方がよいよ、こうした方がよいと思うよ、こういうことを書くのは止めなさい」等と、交信相手に本当のことを伝えると、大概は、削除されたり、交信が切断されたりする。では、何のためのコミュニケーションなのか。

(9) しかし、そうは言っても、殆ど毎日のように、しかも長年に渡って交信していると、交信相手に情が移る。また、交信することに中毒になったり、依存症というかクセになったりもしてくる。書かれている内容ではなく、自分の世界とか、自分の生活リズムの方が大事なのだろう。

(10)掲示板が信用できないといっても、中にはここを通じて恋愛したり、更に進んで結婚したりする人もいることは間違いない。誠に信じられない暴挙としか言いようがないと思うのだが、どうだろうか。


等と、ここは、誠に不思議な、虚実が大変に交錯した、まさしくAnother Worldである。








クョスコニョ    [1] 
 前のテキスト: 日記風エッセイ(25)
 次のテキスト: 日記風エッセイ(23)
 
Dengaku's Another World is Copyrighted (C) 2003 June. Dengakudan's software is all rights only reserved. The spase photos are presented by Hubble Space Telescope.