総計: 944984  今日: 11  昨日: 49       Search SiteMap
☆☆☆ Dengaku's Another World
Novels Paint PC Saloon Life Essay by Dan Links MusicVideo&Flash music loop My Flash-Movies bbs Profile
 
 
 loginについて
Login不要ですが最初にお読み下さい。
 更新履歴
直近の更新から変更箇所が分かります。

本家サイト東宅サイト西宅サイトイタリア紀行サイトダンの小説集Healing 虚の本家サイトExciteBlog





Welcom to Essay by Dan !

2005年を素晴らしく、かつ

有意義にしたいと祈念いたします。

Hubble撮影のフォトン・ベルト実写画像です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

   日記風エッセイ(13)
 

 

 

 121(金曜日)

 

 

 

続「マニラの黄色い太陽」

 

 

 

 

 それから、 45 年が経った頃だろうか。会社に出勤していた私に、秋のある日の午後、前触れ無く突然に国際電話が入ってきた。心当たりが全くなかった私は、周囲に気遣いしながら、おそるおそる電話を取った。すると、声は外人の女性ではないか。ゆっくりと喋ってはいるが、欧米人とは異なるイントネーションだ。

 

 

 

  Hi Dan, Don't you forget me, Dan ?   I am Linda, you know.   Please remember to me, I'm Linda.  I'm calling on you From Manila, Just now,   you know , my Darling!! Dan.

 

 

 

 マニラのリンダだ。鼻に掛かった、ダーリンという呼び声で、私は間違いないと確信した。続けて、溜めていた一杯の心を吐き出すように彼女は喋ってくる。会社の、他の連中も聞いているから、迂闊なことが喋れないので、「フンフン、イェアー、イエース」とだけで相槌を打って、彼女の話を聞いてやる。

 

 

 

  ‘Cause I am your lady and you are my man. Whenever you reach for me I’ll do all that I can. We’re heading for something. Somewhere l’ve never been. Sometimes I am frightened. But I’m ready to learn of the power of love.The sound of your heart beating made it clear. Suddenly the feeling that I can’t go on is light years away.

 

 

 

 あの時のことを、思い出して言っているのだ。貴方が私の中に来てくれたとき、我を忘れて、星となって宇宙を彷徨っていたというようなことを言っている。まさしく、黄色い太陽の唄。その時の彼女の姿態を、私も思いだして赤面してしまった。人に聞かれたら大変に困る話だ。

 

 

 

And are you OK, Llinda!  What Business , to me.

 

 

 

 彼女の話はこうだ。私と別れてから、何とその年の10月末に男の子を出産したのだという。私との子供らしい。だから今で5 歳になり、その教育と養育費について相談がしたいと言うことなのだ。本当に私との子供かどうかを確認したいのならば、写真を送るから住所を教えろ、と要望もしている。ここの会社のことを、どこで調べたのかと不思議に思って聞いてみると、あの時に私が一言漏らした、会社の名前のことを覚えてメモをしていたのだという。そして、とうとう一昨日、国際電話を掛けて、覚えていた社名で KDDに番号を調べて貰い、当社の電話を知った。最初に、当社の国際部に電話を取り次いで貰い、覚えていた私の特徴を話して、とうとう会社の私のフルネームと内線電話番号を知ったのだという。まさしく、青天の霹靂というか、女の執念である。

 

 

 

 

 それから一週間後に、写真の入った手紙が届く。まさしく私の子供だ。上の子供とは丁度三つ違いとなる。私は、激しく自責の念に駆り立てられ、家内にも全てを話して許して貰い、家内の物事に動じない広い心と寛大な気持ちのお陰で、子供を引き取ることに無事に決着した。丁度、株で儲けて家内には内緒にしていた金から、 500 万円を今まで育ててくれたお礼だとして、彼女にブレゼントした。リンダは泣いて喜んでくれた。リンダの他の三人の子供に比べると、一番に可愛くて頭の良い子供なので、寧ろ日本に返して育てた方がこの子のためになると、リンダも思ったのだそうだ。母の真の愛かも知れない。

 

 

 

 

 この子どもを引き取ってから、なんと言うことか、この機を境にして私の人生は一変する。何をしても上手くいき、金も財産も溜まるようになった。お陰で、今や家を三軒持っている。彼は、日本の国立外語大学を卒業して成人してから暫くして、マニラで旅行代理店を経営するまでになった。無論、母親のリンダも協力して呉れたらしい。日本人をマニラに呼び込んで観光事業をしているのだ。来年からはホテル事業にも手を出すという。こういう内容の彼からの電話を受ける電話のベルの音で、現実にも今鳴っている電話のベルの音で、何故か急に私は目覚めて我に返った。ここは前の儘の、自分の家だ。なんと言うことか、夢を見ていたのだ。

 

 

 

 

 私のホームページに埋め込んであるセリーヌ・ディオンの Power of love 」を洋間に石油ストーブを炊いて、先程から聞いていたのだが、ストーブから出る炭酸ガスのせいだろうか眠くなり、ついウトウトとして眠ったらしい。ホームページから流れてくるディオンの魔力のある歌声と、リンダの電話の声とがダブり一緒になってしまったに違いない。そして、今までのストーリー画像が脳の中に流れ始めたのだろう。彼女の唄には魔力があるとは聞いていたが、これほどだとは知らなかった。諸君、是非とも私のホームページでディオンの曲「Power of love 」を聞いて確かめて呉れ給え。虚の頁の方の、最後の泡、Essay by Dan BGM として入っている曲だ。では、では、諸君さらばじゃ。現実と虚とを決して混同してはならないぞ

 

 

 

 

 

 

クョスコニョ    [1] 
 前のテキスト: 日記風エッセイ(14)
 次のテキスト: 日記風エッセイ(12)
 
Dengaku's Another World is Copyrighted (C) 2003 June. Dengakudan's software is all rights only reserved. The spase photos are presented by Hubble Space Telescope.