総計: 951556  今日: 35  昨日: 47       Search SiteMap
☆☆☆ Dengaku's Another World
Novels Paint PC Saloon Life Essay by Dan Links MusicVideo&Flash music loop My Flash-Movies bbs Profile
 
 
 loginについて
Login不要ですが最初にお読み下さい。
 更新履歴
直近の更新から変更箇所が分かります。

本家サイト東宅サイト西宅サイトイタリア紀行サイトダンの小説集Healing 虚の本家サイトExciteBlog





Welcom to Essay by Dan !

2005年を素晴らしく、かつ

有意義にしたいと祈念いたします。

Hubble撮影のフォトン・ベルト実写画像です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

   日記風エッセイ(7)
 

 

 

 

1月3日(水曜日)

 

 

 

続 「フォトン・ベルト」

 

 

 

 

さわ、さりながら、我々人類は、地面から離れては生活が出来ない。いや、生きていくことは不可能である。なぜかなら、地面から生活の糧を、そう、食料と金銭を得ているからである。一次産業の農業、漁業然り、二次産業の製造業も、そして第三次産業も然りである。地球の表皮であるこの地面から離れては、我々人類は、生活が成り立たない。人間以外の、地球上の生命体も、多かれ少なかれ皆同じである。だから我々は、宇宙ではなく地面の行く先をこそ、見据えることが最も大事なことなのだ。

 

 

 

 

市民60,000人強という小さな市であるO市の西側には、一級河川のH川が流れている。ところが、過去に氾濫を繰り返した為に、今でも川は蛇行をしたままだ。S字状そしてU字形にと、入り組んで複雑に蛇行している。だから、六月の梅雨時期は大変になる。毎年同じように川は増水して、その時期には消防団が橋の周りと蛇行地区に陣取って、警戒に当たる。橋のスグ下まで増水してきたから近くの中学校に避難せよ、との警報が出ることもまま多かったと聞く。

 

 

 

 

問題のこの川を、真っ直ぐにして災害を未然に防ごうと、県が国土交通省に働きかけて承認され、ごく最近に河川の改修を始めたというのだ。河川の改修には、その周囲の地面が必要になる。買い上げた地面に土を盛って、真っ直ぐな新たな堤防を人工的に造成するのだという。民間の不動産屋がこの河川の地域の地面を査定すると、といっても圃場がほとんどであるが、一反当たり100万円前後が相場だったという。ところが、国は一反当たり1000万円強で買い上げたというのだ。民間査定の十倍強の価格で、しかも所得税はナシである。この地区で、先祖から受け継いで10反、20反と土地を持って、細々と農業に従事していた者の地面が、思わぬことに大金に化けたのである。しかも思いもつかぬ高額で、加えて無税で。また、川の側にあった十数件の家屋は、代替地を宛われ家屋も無償で建てて貰った上で、引っ越しをしたのだという。60坪の地面に建っていたボロ屋が、敷地200坪の引っ越し御殿に大変身したのである。

 

 

 

 

だから、この地域には、自分達夫婦の為に二億円を残しておいてから、息子にも1億円を遣ったというような、もの凄い買い上げ成金や引っ越し御殿話がボコボコだという。これこそ、我々には夢のある、最も関心の高い地面話ではないか。フォトン・ベルトならぬドリーム・ベルトに他ならない。矢張り人類は、地面からは離れられないのかもしれない。筆者の住むスグ横の地区で、今現実に起こっている実話である。

 

 

 

 

クョスコニョ    [1] 
 前のテキスト: 日記風エッセイ(8)
 次のテキスト: 日記風エッセイ(6)
 
Dengaku's Another World is Copyrighted (C) 2003 June. Dengakudan's software is all rights only reserved. The spase photos are presented by Hubble Space Telescope.