総計: 938444  今日: 7  昨日: 28       Search SiteMap
☆☆☆ Dengaku's Another World
Novels Paint PC Saloon Life Essay by Dan Links MusicVideo&Flash music loop My Flash-Movies bbs Profile
 
 
    太陽系について
        4号作品例
 肖像画を作成します。
肖像画の案内
 田楽男の絵画作品庫
絵画作品ワープ

肖像画は、左下メニューの10号、及び4号の参考・作品例をご覧下さい。貴方達の住んでいる、太陽系の模式図です。コメントがdirection=upします。暫くお待ち下さい。

 

 

 



 貴方達は、こんなに小さな小さな、愛しい愛しい、地球という青い青い水の惑星に住んでいるのですよ。ですからもう、いがみ合い、奪い合い、そして憎しみ合い、その結果の戦争なんかは、もうヤメにしませんか。ねえ、ねえ皆さん、そうは思いませんですか。これからは、地球が一つの国家ですよ。ですから、地球国の東アジア州・日本県になりましようよ。視野をズーッと宇宙規模にまで広げてみませんか。

 

 また、地球人類は、遠いが巨大な、この木星、土星、天王星、そして近くの金星、火星という、これらの惑星の運行による、引力の影響を大変多く受けていると思われます。

 

 

 ところで、2014年3月21日には、巨大な小惑星が、皆さんの住んでいる、この地球に激突する、という話もあるのですよ。どう思います。

 

以下「ロイター」より。

 

[ロンドン 9月2日 ロイター発] 小惑星の地球接近を研究している英政府の機関は、地球に向かっている巨大な小惑星が2014年に激突する可能性があると警告した。


 ただ、壊滅的な激突の可能性は、わずか90万9000分の1という。問題の小惑星「2003 QQ47」は、今後2カ月間その動きが追跡される。激突の可能性があるのは2014年3月21日だが、今後データ収集の過程で直撃のリスクは減少すると研究グループはみている。

 

 同機関によると、この小惑星が直撃した場合、広島に投下された原子爆弾2000万個分の被害をもたらす可能性があるとのこと。

 

(ロイター)より

 

<フォトン・ベルトと地球の未来>

■2012年12月23日 人類は新次元に進化する■


 いまわれわれの住む地球、さらには太陽系全体がフォトン・ベルトの影響を受け始めている。



 1996年宇宙空間に浮かぶハップル宇宙望遠鏡は、宇宙の遥かかなたに存在する<フォトン・ベルト>の撮影に成功した。
 このフォトン・ベルトは光エネルギーに満ちており、そこを通過するのに2000年という気が遠くなる時間を要する。確かなことはその領域は人類にとって全くの未知の空間だという事である。
 1991年、アメリカの天文学者ロバート・スタンレー博士は人工衛星の観測データから、プレアデス星団付近にあるフォトン・ベルトの存在を科学的に突き止めている。博士は報告書に次のようにしたためた。

 “この濃密なフォトンは、われわれの銀河の中心から放射されている。わが太陽系は、1万1千年ごとに銀河系のこの部分に進入し、それから2000年かけて通過し、そして2万6千年の銀河の軌道を完結させる”と。

フォトンとは光エネルギーのことで日本語には「光子」と訳されている。
フォトンは太陽からも発生している。物理学的に解説すると、いわゆる光は光の粒々としては光子(フォトン)であり、波としては電磁波と呼ばれる。
そして、この光子が電磁気的な力を媒介しており、そういう力の働いているところが<電磁場>と呼ばれている。

フォトンとは、反電子(陽電子)と電子との衝突の結果生ずるもので、二つの粒子は、この一瞬の衝突によって互いに破壊し合い、この衝突の結果生じるものが、フォトンとか光の粒子とか呼ばれるエネルギーに完全に変換される。  
それは素粒子の物理的崩壊によって得られる光以上のものとされ、多次元の振動数を持つ次元間エネルギーであるとされる。

さらにフォトンはきわめて高次元の電磁波エネルギーであり、そのエネルギーは全ての生命体を原子レベルから変成させ、遺伝子レベルの変容も行い進化させるといわれる程である。 しかも寿命は無限大とされる。

 最近、太陽活動に大きな異変がみられ、極めて憂慮すべき事態にあるのだと報告されている。
 1999年イギリスのラザフォード・アップルトン研究所のグループは、“太陽の磁場に異変がみられる”と発表した。研究グループの発表では、太陽の磁場が過去100年間でなんと2倍以上になっていることが分かったというのである。太陽の磁場の長期的な変化が分かったのはこの時が初めてだった。
 さらに過去100年間で0.5度気温が上昇した地球温暖化の原因との関係も、原因は太陽磁場の変化にあると研究チームのリーダーであるM.ロックウッド博士らはみているとも重ねて見解が発表された。

 このようにいま地球的規模、いやそれ以上に宇宙的規模で大異変が起こり始めている。
たとえばいま国際的に大問題となっている地球温暖化現象も、実は原因はCo2ではなく、このフォトン・ベルトによる影響と考えられる。


 また、最近の研究でわかってきたことは数千年前に生きた古代マヤ人たちはこの<フォトン・ベルト>の存在を知っていたのではないか、ということだ。
 多くの人たちが知るように古代マヤ人たちが完成させたマヤ暦は、グレゴリー暦にすると2012年12月22日で終わっている。

 果たしてこの日が何を意味するのか。

  マッケンナはコンピュータを駆使し、こうした時間の流れのサイクルを分析、時間の加速の度合いを調べた結果、2012年12月23日には、加速が極限に達し、なんと時間の流れがゼロになってしまうという予測を立てたのだ。

 テレス・マッケンナとマヤ暦の予言の奇妙な符号は、一体何を意味するのか。

 この奇妙な符号は、数百万年続いたホモサピエンスの歴史が終焉を迎える日だと推測される。
 時間の流れが止まり、人類はフォトンのエネルギーによって遺伝子すら大きな影響を受け変容する.......。

 2012年12月、宇宙開闢以来の壮大なドラマと、人類としての歴史の終焉というとんでもない事態に遭遇するのは間違いない。

詳しくはフォトン・ベルトのリンクサイトをご覧下さい。

 

 

 
Dengaku's Another World is Copyrighted (C) 2003 June. Dengakudan's software is all rights only reserved. The spase photos are presented by Hubble Space Telescope.